圏域健康保養情報

山川のうえん(かあさん工房)

基本情報

  • 所在地 〒079-8431 北海道旭川市永山町10丁目
  • 電話 0166-48-6389
  • Fax 0166-48-6389

詳細

035_s.jpg(7451 byte)

地産地消で米づくりから加工食品まで

減農薬のお米や野菜を栽培するだけでなく、自家用の大豆や野菜を使って安全でおいしい無添加の農産加工品を販売する「かあさん工房」。平成11年に始まったが、きっかけは「消費者と接することで顔の見える関係をつくり、農業のことを伝えたいと思ったからです」と代表の山川八重子さん。
野菜は9割近く無農薬で栽培され、自家用は40種類も作っているが、余ったものを庭先の市で販売。加工食品では、黒大豆・青大豆・黄大豆などで作った3種類の「まごころ豆腐」(1日120丁限定)が人気。農産物の加工から、野菜づくり、田植えや稲刈りまで体験農業もいろいろ揃えて受け入れている。

  • 体験農場期間 / 4月〜11月(時期に応じて変動あり)
  • 販売 / 工房(豆腐、みそ)、ホクレンショップ豊岡店(豆腐、月末・土曜日のみ))
     ※いずれも土曜日のみ販売、豆腐は1日120丁限定
  • 価格(平成16年度)
    「まごころ豆腐」3種類 各1丁 200円、「まこごろみそ」1kg 500円
健康の郷・大雪実行委員会 (旭川市政策推進課