上川中部圏ポータルサイトは,平成30年(2018年)1月31日で閉鎖します。
ご利用ありがとうございました。

圏域健康保養情報

なめこ生産 佐藤なめこ園

基本情報

  • 所在地 〒078-1413 北海道上川郡愛別町字伏古207番地
  • 電話 01658-6-4396
  • Fax 01658-6-4396

詳細

003_s.jpg(12931 byte)

徹底管理で良質なめこ

なめこを昭和55年より作り続けている佐藤則男さん。以前は水田農業を営んでいたが、ダム建設のため続けることができなくなり、きのこの生産を始めた。当時、盛んに行われていたえのき茸の栽培を開始した後、なめこへ転換。長野県方面などへ視察に行き勉強を重ね現在に至る。
なめこはプラスチックのポットにおが粉などを入れ100度の蒸気で殺菌し、種菌を植え付け、60日ほど培養した後、なめこを発生させる。発生後15、6日目が収穫時期だ。種菌付けや培養、芽だしを温度と湿度が管理された部屋でそれぞれ行い、自然の四季に近い環境をつくり育てる。棚にきれいに並んだポットからは、つるつる光ったなめこがあふれている。
「最後は自分の目でしっかり確かめて収穫をしますよ」
佐藤さんはなめこの出来具合を見ながらハサミで軸の部分を切り落として収穫をする。
※なめこは午前中の予約で買うことができる。

健康の郷・大雪実行委員会 (旭川市政策推進課