東川町

00_00.bmp(3626 byte)

写真の町

00_01.jpg(66605 byte)
白くそびえるのは北海道の最高峰 旭岳(右端)

東川町は、北海道のほぼ中央に位置し、東部は山岳地帯で大規模な森林地域を形成し、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」区域の一部となっています。
北海道の屋根といわれる大雪山連峰の最高峰旭岳(2,290m)は、東川町域に所在し、豊富な森林資源と、優れた自然の景観は、観光資源として高く評価され、そのすそ野に広がる水田地帯は上川百万石といわれる穀倉地帯を形成しております。
毎年開催されるフォトフェスタは国内外から高い評価を受け、また、写真甲子園は若者の写真芸術の発展に大きな役割を担っております。

位  置 北緯43度47分 東経142度22分
地域面積 247.06平方キロメートル
人  口 7,632人(H16.9末)

エリア情報

芸術・文化コンテンツ

東川町

上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)