愛別町

石垣山

概要

02_01.jpg(53967 byte)

石垣山
JR中愛別駅から南方約2.5Km、石狩川の浸食によって露出された柱状節理の奇岩奇石がそびえています。標高は525mと高くはありませんが、針葉樹や広葉樹の巨木がうっそうと茂っており、四季折々の色鮮やかな風景が演出され、遠足登山に訪れる人も多いところです。
幕末の探検家松浦武四郎の石狩日誌で間宮林蔵も来ていると伝えられています。また、石狩アイヌと十勝アイヌの古戦場とも伝えられています。頂上へは約1時間で登れます。

特徴

戦争防備のための壕、住居としての「チャシ」といわれる空壕が残っています。

・史跡の外観  柱状節理、巨岩、大岩窟
・史跡の大きさ  前塁:長さ36m、深さ0.9m  本塁:上砦13.5m、中砦23.6m、下砦16m、土塁の高さ2m
・出土品  石冠、石環、矢尻

交通・アクセス

  • 所在地 中愛別駅から南方2.5Km
  • バスで   道北バス 旭川駅から上川行き
     乗車:旭川駅 → 降車:中愛別発電所前(所要時間:50分 金額:片道870円)
  • 問合せ先 愛別町産業振興課観光係
    TEL:01658−6−5111

02_02.jpg(29317 byte)

沿革

・登山会の開催
7月第2日曜日に石垣山観光祭り登山会

写真

02_03.jpg(32501 byte)
石垣山古戦場跡

もっとみる

上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)