東神楽町

00_00.bmp(3574 byte)

すてきな笑顔と花のまち

00_01.jpg(124462 byte)
花のまち東神楽は、町中に花壇が設置されています。

東神楽町は北海道の屋根、雄大な大雪連峰のふもと上川盆地の中央部に位置し、古くから上川地方屈指の良田といわれ米の他、畑作物、園芸、そ莱生産の好適地となっており、農業を中心に発展してきました。
現在では、旭川空港の所在地としての地の利を活かし、そ菜供給地として脚光を浴びる一方、旭川市のベッドタウンとして、また、企業の進出により都市近郊型農村として調和のとれた発展を続けている他、花いっばいの町として個性あるまちづくりも推進するなど「花と笑顔があふれるふれあいの町」をめざしています。

位  置 北緯43度41分 東経142度27分
地域面積 68.64平方キロメートル
人  口 9,434人(H19.10月末)

エリア情報

芸術・文化コンテンツ

東神楽町

上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)