鷹栖町

00_00.bmp(7502 byte)

人・自然あったかす

00_01.jpg(53271 byte)
  鷹栖町の中心部を貫流するオサラッペ川。

北海道のほぼ中央、上川支庁管内の中心部に位置し、周りは小高い山に囲まれ、全体的には盆地状をなし、中心部を石狩川に注ぐオサラッペ川が北から南へ貫流しています。トマトジュース「オオカミの桃」で知られる鷹栖町は中心部からJR旭川駅まで車で約20分という利便性の高さと、それでいて豊かな自然に囲まれた住みよい環境にあります。
品質・収穫量 とも道内屈指の稲作、付加価値の高いきゅうりの生産など、もともと良品質な農産物の供給地帯であり、さらに現在は積極的な企業誘致により、農・商・工一体となった地域複合産業の形成を目指しています。

位  置 北緯43度50分 東経142度21分
地域面積 139.44平方キロメートル
人  口 7,423人(H16.9末)

エリア情報

芸術・文化コンテンツ

鷹栖町

上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)