鷹栖町

たかすメロディーホール

概要

03_01.jpg(36904 byte)

鷹栖町は、「健康づくり」を町づくりの柱として進めてきました。たかす2世紀を迎えるにあたって「心とからだの健康づくり」の拠点として、6haの敷地に、心のセンター施設としてメロディーホール・メモリアルパークを、からだのセンター施設として総合体育館を計画、ホールは平成6年2月4日開拓100年記念施設としてオープンしました。

特徴

建物のデザインは、町名となっているタカをイメージし、会場部分を胴体、入り口左右の部屋を翼と見立て、勇ましいタカが両翼を広げ、悠々と大空を飛んでいる姿をイメージしています。
ホールは、音を重視した設計で、木をふんだんに使用しているのが特徴です。
ステージ幅は15m、高さ7m、奥行き13m。演奏会用の反響板をはじめ、演劇用の音響・照明、映画のスクリーンなども完備しています。固定席が502席、たっぷりの空間容積を確保したほか、内3席は車いす利用者のために取り外すことができます。

建物概要

  • 所有者(管理者)  鷹栖町教育委員会
  • 建物の概観  鉄筋コンクリート造4階建て
  • 建物の大きさ  一階1,866.36屐‘鶻608.12屐〇鯵161.96屐〇由90.31屐|浪治隠苅粥ィ娃鵜

交通・アクセス

  • 所在地 〒071−1202 鷹栖町南2条4丁目
  • 車で   旭川駅から30分
  • バスで  道北バス 10線10号行き
           乗車:旭川駅前 → 降車:北1条3丁目
           所要時間:約30分 金額:片道450円
  • 周辺の環境 メモリアルパーク内にホールと総合体育館が隣接
  • 開館時間   8時30分〜22時00分
  • 定休日    毎週月・火曜日(祝祭日の翌日・年末年始)
  • 入場料金   イベントによる
  • 駐車場     有
  • 問合せ先 鷹栖町生涯学習課
    TEL:0166−87−2500  FAX:0166−87−3232

03_02.jpg(21793 byte)

沿革

平成2年100年記念事業検討委員会より、100年記念施設として「文化芸術的香りの高い文化施設及び総合体育館の設置が臨まれる」との答申をうけ、平成3年記念施設にかかる土地等を購入、平成4年ホールの建設を着工。平成5年3月「たかすメロディーホール」と命名公表され、10月に完成しました。
鷹栖町の誕生日にあたる、平成6年2月4日NHK交響楽団アンサンブルと五郎部俊朗を招いてオープン。以後、文化の拠点として多くの事業に取り組んでいます。

・設立年月日  平成5年10月30日

写真

03_03.jpg(25735 byte)  03_04.jpg(30001 byte)
ホール  1F中央ロビー

詳細へ…

上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)