芦別市

黄金水松

概要

黄金水松 (こがね みずまつ)
推定樹齢1700年のイチイの巨樹。高さ21m、幹周6.2m、枝張15mと、同樹では全国8位、道内2位の太さを誇っています。この木には、かって無数の黒い蛇が住みアイヌの人々に危害を加えていました。
そこで上川アイヌの長が毒矢を構えて一喝すると、蛇はすべて姿を消し、やがて巨大な白蛇が出て西側に退散。後に水松の西側に無数の蛇の骨が発見されたため、蛇塚を建てて葬ったと伝えられています。

04_01.jpg(74584 byte)

特徴

内部は腐朽し空洞化しているが、健全な生育を見せています。

樹種等

所有者(管理者)  芦別市
指定年月日  平成14年3月29日
指定区分  北海道指定天然記念物
樹種  イチイ(別名オンコ)
樹齢  1700年

交通・アクセス

  • 所在地   芦別市黄金町764番地 黄金水松公園
  • 車で    JR芦別駅から30分
           旭川空港から60分 タクシー料金15000円
  • バスで   中央バス 芦別ターミナルから旭川行き
            乗車:芦別ターミナル→降車:3線下車 徒歩20分
  • 問合せ先 星の降る里百年記念
    TEL:0124−24−2121   FAX:0124−24−2124

04_02.jpg(30591 byte)

沿革

昭和 7年   帝室林野局保存木
昭和31年   北海タイムス「北海道文化財百選」5位         
昭和37年   市指定文化財
昭和62年   北海道記念保護樹木
平成 2年   読売新聞「新日本名木100選」ベスト10

写真

04_03.jpg(22493 byte)

黄金水松

ギャラリーへ

上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)