上川中部圏ギャラリー

深川市

文化・史跡

1-01_s.jpg(5102 byte)

1-01 先住民族の竪穴住居跡

市指定史跡(昭和55年7月3日指定)
納内東端に位置する約千年前の擦文時代の住居跡。
発掘調査により堀立柱穴、かまど跡を発見し、土器などが出土しました。
当時の生活を知る上で貴重なものです。
◆場所:深川市納内町字納内4168番地地先


1-02_s.jpg(5134 byte)

1-02 猩々獅子五段くずし舞い

市指定無形文化財(昭和40年9月17日指定)
明治時代に一已地区に入植した屯田兵が出身地香川県の獅子舞を受け継いだものです。
例年9月、大国神社(一已町桜町)の例大祭で奉納されます。


1-03_s.jpg(6185 byte)

1-03 多度志獅子舞

市指定無形文化財(昭和47年5月19日指定)
大正時代の多度志地区の入植者が郷里富山県に伝わる獅子舞を伝承したものです。
例年9月、多度志神社(多度志町中央)の例大祭で奉納されます。


1-04_s.jpg(3759 byte)

1-04 納内猩々獅子舞

市指定無形文化財(昭和48年7月17日指定)
明治時代、屯田兵であった入植者が郷里香川県の獅子舞を伝承したものです。
例年9月、納内神社(納内町10区)の例大祭で奉納されます。


1-05_s.jpg(7716 byte)

1-05 屯田歩兵第一大隊本部跡

市指定史跡(昭和55年7月3日指定)
明治28・29年に北辺の警備にあたる屯田兵が一已(いちやん)・納内(おさむない)及び秩父別(ちっぷべつ)に入植し、歩兵第一大隊となりました。
その本部が置かれていた場所であり、現在教円寺の境内です。
◆場所:深川市一已町字一已4151番地3・5


1-06_s.jpg(3938 byte)

1-06 屯田兵屋

市指定有形文化財(昭和52年6月21日指定)
明治28・29年に北境の警備と北海道開拓の使命を帯び一已(いちやん)・納内(おさむない)に入村した屯田兵の住居を復元移築した建物です。
梁の一部に当時のものを使用し、まさぶき屋根にするなどほぼ完全に復元しており、開拓当時の姿を偲ぶことができます。
◆場所:深川市西町3番15号 深川市生きがい文化センター敷地内171-2


1-07_s.jpg(10705 byte)

1-07 芽生神社本殿

市指定有形文化財(昭和46年5月20日指定)
明治33年に建立され、メム地方に多かった「ヤチダモ」を素材に用いています。
1.4mもある竜の彫刻をはじめ、壁や破風などにも彫刻が施されており、芸術的にも高く評価されています。
◆場所:深川市深川町字メム6号線本通り


1-08_s.jpg(5744 byte)

1-08 音江法華駅逓所跡

市指定史跡(昭和55年7月3日指定)
明治22年6月に建物が完成し、音江法華駅逓事業を始めました。
上川街道の中継点として人馬を備え、宿泊と運送の便を図る重要な役割を果たしました。
建物には本館をはじめきゅう舎などの付属施設がありました。
◆場所:深川市音江町字音江42番地3


1-09_s.jpg(6853 byte)

1-09 音江の環状列石(ストーンサークル)

国指定史跡(昭和31年12月28日指定)
石が環状に並んでおり、その中を小石で敷き詰めたり中央に石が立てられたものがあります。
この遺跡から土器片、飾玉や弓などが出土しています。
かつては、祭跡かチャシ(とりで)ではないかとの想像もされましたが縄文時代の墓であると結論されています。
◆場所:深川市音江町字向陽171-2


1-10_s.jpg(3541 byte)

1-10 監的壕

市指定史跡(昭和55年7月3日指定)
屯田兵の射撃訓練場跡。
当時は、土壕でしたが、昭和7年に在郷軍人会によりコンクリート造りになりました。
この壕は、射撃訓練の命中率を確かめるものでした。丸山寺の裏手にあります。
◆場所:深川市一已町字一已2527番地10


1-11_s.jpg(5095 byte)

1-11 旧鷲田農場事務所

市指定有形文化財(昭和52年6月21日指定)
鷲田軍蔵氏が事務所と住宅を兼ねて、明治43年から3年の歳月をかけて建てたものです。
大正時代音江村に売却され、村役場や公民館として使われました。
平成13年に改修工事が行われ、現在は、埋蔵文化財や郷土資料の収蔵と整理作業の場所、イルム太鼓の練習場として、地域文化の振興に活用されています。
バルコニーや2階廊下の葉飾りなどが、建築当時の洋風の意匠をしのばせます。
内部の見学が可能です。
◆場所:深川市音江町2丁目11番38号


1-12_s.jpg(4630 byte)

1-12 深川市水稲発祥の地

市指定史跡(昭和57年4月1日指定)
明治23年に高橋惣吉氏が旧上川道路近くの音江川沿いの湿地10aほどに種もみをおろし、これが深川市で最初の水稲栽培でした。
この後、水稲の本格的な取り組みが行われるようになりました。
◆場所:深川市音江町字音江400番地


ぬくもりの里「向陽館」

1-13_s.jpg(3418 byte)

1-13 向陽館全景

外観


1-14_s.jpg(3858 byte)

1-14 絵画2

想像の海


1-15_s.jpg(3730 byte)

1-15 絵画3

想像の海


1-16_s.jpg(4537 byte)

1-16 絵画4

想像の海


1-17_s.jpg(4996 byte)

1-17 うぐい

うぐい


アートホール東洲館

1-18_s.jpg(3406 byte)

1-18 東州館入口

東州館入口


1-19_s.jpg(3331 byte)

1-19 小川東州ギャラリー

展示室全景


1-20_s.jpg(3649 byte)

1-20 松島正幸ギャラリー

展示室全景


1-21_s.jpg(5890 byte)

1-21 小川東洲の作品

孟母断機(もうぼだんき)moubodanki
1997年制作


1-22_s.jpg(3479 byte)

1-22 小川東州の作品

雲鶴(うんかく) the Crane over
1996年制作


1-23_s.jpg(2985 byte)

1-23 小川東州の作品

蘆雪(ろせつ)Show of hermitage
1988年制作


1-24_s.jpg(7564 byte)

1-24 松島正幸の作品

プロバンス 1977年制作


1-25_s.jpg(5153 byte)

1-25 松島正幸の作品

札幌中島公園 1960年頃制作


深川市生きがい文化センター

1-26_s.jpg(3843 byte)

1-26 生きがい文化センター

外観全景


1-27_s.jpg(3547 byte)

1-27 ホール

パトリアホール  356席


1-28_s.jpg(3755 byte)

1-28 郷土資料館

郷土の歴史や貴重な文化遺産約800点を常設展示しています。
◆場所:深川市 西町3番15号 深川市生きがい文化センター内


1-29_s.jpg(3534 byte)

1-29 青少年科学室

青少年科学室


1-30_s.jpg(3856 byte)

1-30 図書館

図書館


1-31_s.jpg(5885 byte)

1-31 天体望遠鏡

天体望遠鏡


深川市文化交流ホール「み・ら・い」

1-32_s.jpg(3483 byte)

1-32 正面画像

建物正面


1-33_s.jpg(2608 byte)

1-33 創作活動室

少人数の会議や研修会のほか、絵画・書道教室などの文化活動に利用でき、舞台の楽屋としても活用できます。シャワー室もあり、出演者が快適に利用できるようになっています。


1-34_s.jpg(2395 byte)

1-34 談話室

少人数の会議用および出演者の控え室としても利用できます。


1-35_s.jpg(3950 byte)

1-35 ホール

ホール全景


1-36_s.jpg(2963 byte)

1-36 ワークショップ

ワークショップ全景


上川中部圏自治体情報化連絡会 (事務局・旭川市情報政策課)