上川中部圏の食

野菜料理:日本料理 焼きなます

材料(4人分)

03.jpg(19185 byte)

・米  2合
・大麦・古代米  各15g
・茄子(小)  1本
・小玉葱  4玉
・色ピーマン 赤 黄  各1/2玉
・茗荷  1本
・印元豆  8本
・大根  150g
・ヤーコン  150g
・じゃが芋(M玉)  1玉
・だし  5カップ
・味醂  1カップ
・酒  1カップ
・うす口しょう油  1/2カップ
・酢  1カップ
・塩  10g
・片栗粉  30g
・キャーノーラ油  5カップ
・オリーブオイル  1カップ

作り方

[1] 米を研ぎ、大麦、古代米を混ぜ炊き上げます。
[2] 野菜(なす、小玉葱、色ピーマン、茗荷、印元豆、大根、ヤーコン)は一口大の大きさにカットします。
[3] ジャガイモは薄くスライスして千切りし、水にさらしておきます。
[4] だしの中に、味醂、酒、薄口醤油を入れて味付けをして沸かしておきます。
[5] フライパンにオリーブオイルをひき、一口大の野菜を炒め、[4]の中に入れます。茗荷だけ酢の中に入れて置きます。
[6] ある程度、野菜に味が含んできたら鍋からボールに移し、氷水で冷まし、全体が冷え切ったら酢と茗荷を入れ、さらに味をなじませます。
[7] ジャガイモの千切りに片栗粉をまぶし、炊き上げたご飯に包むようにして、油の中に入れて揚げます。
[8] 後は彩り良く盛り付けて、煮汁を野菜全体にかけます。

使う地場産品/コメント

いろんな野菜を使用することで、ビタミン、食味倍増、病気を治す効果もあり、今はヘルシーブームで健康を第一とした現代社会に、又、野菜不足な現代人に農家さん始め、とれたての野菜のおいしさを伝えたい一品です。
(芦別市 本間 勇司さん)

「大雪の食」(健康の郷・大雪実行委員会)より

健康の郷・大雪実行委員会 (旭川市政策推進課